禅・瞑想アプリ


禅については過去にもこちらの記事でご紹介した通り今再び注目を集めています。

都内でも禅を体験できるお寺はいくつかありますが、なかなかまとまった時間を確保するのも難しい方が多いのではないでしょうか。


そこで、本記事では禅や瞑想を手軽にスマホで実践できるアプリを4つご紹介したいと思います。禅や瞑想を提供するアプリの市場は2015年には8億円程度の市場規模でしたが、2019年には195億円にまで成長しており、2027年には4,378億円にまで上ると予測されています。(Unhooking the Drama: Meditation App Statistics to Know in 2021

meditation

(出典 -https://appinventiv.com/blog/latest-meditation-app-statistics/)


Meditopia

基本機能:瞑想、睡眠、音楽

瞑想の中にはリラックスだけではなく、自己成長やパフォーマンス向上、人間関係について考えるプログラムなど目的に応じたコンテンツが豊富にあることが特徴です。今日の気分を入力することで、最適なコンテンツをレコメンドしてくれる機能もあります。課金が前提になっているので無料で利用することはできませんが、無料トライアル期間があります。

Meditopia

(出典 - https://meditopia.com/ja/?gclid=Cj0KCQjws4aKBhDPARIsAIWH0JUtH1mMKBVMPQd3TrTRJLa-XoihdITNcghBAbOfV2HirWBb_tBkJTkaAidoEALw_wcB)



Calm

基本機能:瞑想、睡眠、音楽

瞑想のための音声コンテンツや睡眠を促す音楽やストーリーなどを体験することができます。日々の感情や睡眠の質や時間を登録できる機能もあり、自分のコンディションが向上しているかをトラッキングすることができるようになっています。無料で楽しめるコンテンツもありますが、ほとんどのコンテンツは年間課金をすることで楽しめるようになっています。

calm

(出典 - https://www.calm.com/ja)



Headspace

基本機能:瞑想、睡眠、動画、集中

自分自身の目的に合わせてコンテンツを利用できるようになっていますが、動画コンテンツがあるのは他のアプリと比べて特徴的な点です。動画ではストレス軽減のためのフィットネス動画やリラックスするためのアニメーションなどが豊富に提供されています。注意点としては日本語設定ができないので英語で楽しめる方向きとなっています。

headspace

(出典 - https://www.headspace.com/)


Tide

基本機能:集中、睡眠、仮眠、呼吸

全ての機能がリマインダー+音声コンテンツで提供されているのが特徴です。機能毎にリマインダーを設定し、機能に合わせた音楽や音声コンテンツを聴きながら目的を達成するという作りになっています。他のアプリに比べると非常に機能もUIもシンプルに設計されており、無料コンテンツが豊富なのも特徴的です。手軽に禅や瞑想を始めるには最適かもしれません。

tide

(出典 - https://tide.fm/meditation/)


禅や瞑想アプリの中でも人気なアプリを4つご紹介しました。

禅寺やフィットネスジムに通うことなく短時間で実践できることがアプリのメリットですので、禅や瞑想をしたことが無い初心者の方や、まとまった時間が取れない方はアプリから始めてみるのもオススメです。


調べた限りではこれ以外にも多くのアプリが存在していましたので、是非自分にピッタリのものを見つけてみてください。


禅や他のアクティビティを通して、同士と共にヘルシーライフスタイルの実現を目指したい方いましたら、是非KENGOWESTのインスタをフォローの上、DMください。リクエストが多くなり次第、コミュニティ化していきたいと思います。