プラスチック・フリー


タンブラー

脱プラスチックのトレンド

世界中で脱プラスチックの動きが加速しています。

日本でも 2020年7月からレジ袋の有料化が義務になり、スーパーにエコバッグを持ち込む人を多く見かけるようになりました。スターバックスやマクドナルドではプラスチックストローを廃止する動きが広がっています。


プラスチックは「悪」なのか

プラスチックはその丈夫さと軽さから多くの製品に使われていますが、プラスチックゴミが海に流れ出すことで海洋生物の生態系に多大な悪影響を及ぼしています。主な流出経路は以下2つです。


プラスチックゴミのポイ捨て

街中でペットボトルやスーパーのレジ袋、弁当の空き容器などが捨てられているのを目にしたことはないでしょうか。それらが行きつく先は海です。風に飛ばされ川に流れ海にたどり着きます。プラスチックは海藻やクラゲと間違われてウミガメや鳥、クジラが飲み込んで多くの生命が奪われています。


亀とプラスチック

マイクロプラスチックとしての海洋流出

広く使われている定義では5ミリメートル以下のプラスチックのことを指します。マイクロプラスチックは洗顔料や歯磨き粉などにも含まれるもので下水処理では処理しきれず海に流れ出すケースがあります。また、ポイ捨てされたプラスチックが海やその流れ着く過程で破片となって生まれるものもあります。マイクロプラスチックは海を漂いながらその表面に有害物質を付着させ、海洋生物の体内にエサと間違われて吸収されます。海洋生物の身体に害を及ぼすだけでなく、その海洋生物を食べる人間の体内にも悪影響を及ぼす可能性が示唆されています。


プラスチックの消費量

プラスチックの消費量は年々増加し、世界に置ける消費量は1964年から2014年の50年で20倍以上に急拡大し、2050年までには海中のプラスチックの重量は魚の重量を超えると予測されています。(WORLD ECONOMIC FORUM(2016)) そして、日本は1人当たりのプラスチックごみの量がアメリカに次いで世界で2番目に多い国です。


我々がすべきことは明確です。プラスチックの消費量を減らし、地球の生命の源である海の生態系を守ることです。次に日本でも行われているプラスチック削減の取り組みをご紹介したいと思います。

プラスチックボトル

プラスチック・レスの取り組み


ラベルレスペットボトル

アサヒ飲料、コカ・コーラ、KIRINなど大手メーカーからラベルレスのペットボトルが発売されています。従来の商品とくらべて約58%のCO2排出量の削減効果があるとされています。(『アサヒ おいしい水』天然水 シンプルecoラベル)


コカ・コーラの「いろはす」はボトルtoボトルという取り組みを通して、使用済みペットボトルをリサイクルして再利用することで、年間でおよそ自動車4,000台分の重さに相当するプラスチックの削減を実現しています。(いろはす環境に優しいボトル)


(出典 - https://www.i-lohas.jp/bottle/)


その他にも各社リサイクルしやすいキャップの採用や、配送時の段ボールに使用するインク量を少なくするなどの活動が推進されています。


リサイクル可能なプラスチックパッケージ

消費財大手のユニリーバは2025年までの3つの目標を掲げています。(ユニリーバ プラスチックへの取り組み)

  1. プラスチックパッケージを100%再利用可能・リサイクル可能・堆肥化可能にする

  2. 非再生プラスチックの使用量を半減する

  3. 販売する量よりも多くのプラスチックパッケージの回収・再生を支援する

商品を手に取る際に再生プラスチックが使用されたパッケージかどうか調べてみるとよいでしょう。

(出典 - https://www.unilever.co.jp/planet-and-society/approach-to-plastic/)


プラスチック・フリーの取り組み

プラスチックを減らすことより効果があるのは、そもそもプラスチックを使わないという選択をすることです。すでに多くの人が実践しているエコバッグの使用や紙ストローなどに加えて、選択肢をいくつかご紹介したいと思います。


mymizu (マイミズ)

日本初の給水アプリとして期待を集めている会社です。アプリを使って日本全国にある「ボトルを持参すれば無料で給水できるスポット」を検索し、お店や公共施設でお財布に優しくマイボトルに給水できるサービスを運営しています。イギリスではRefillという会社が同じサービスを展開しており既に30万ダウンロードを記録しています。日本でもmymizuユーザーが拡大していくことを期待したいですね。

mymizu

(出典 - https://www.mymizu.co/)


Humble Brush(ハンブルブラッシュ)

プラスチックの使い捨て製品として歯ブラシは見逃せないでしょう。THE HUMBLE CO.はスウェーデン発のブランドで、プラスチック・フリーの竹から作られた歯ブラシを中心としたプロダクトを展開しています。燃やしても有害となる毒素が放出されず、ブラシ部分は植物由来原料を使用したバイオベースナイロンでできています。パッケージもプラスチックを使用しない配慮がなされています。

Humble Brush

(出典 - https://www.itssoeasy.jp/index.php?route=product/category&path=468)


ethique (エティーク)

ニュージーランドで生まれたプラスチック・フリーの固形シャンプーのブランドです。プラスチック不使用でパッケージは生分解性(微生物などの生物の作用により分解する性質)の素材でできています。シャンプー自体も天然成分100%の美容液成分のみを凝縮して作られていて、機能性にも優れています。その他にも不当労働、児童労働、動物実験に加担しないエシカルブランドとして注目されています。

ethique

(出典 - https://ethique.com/pages/plastic-free)


身の回りのできるところから

環境意識の高い人々や企業努力によって、プラスチックをなるべく使わない生活は実現可能なものになっています。日常品を買うときにプラスチックが少ない、もしくは使われていない製品かどうかを考えてみるところから始めてみましょう。小さな一歩が世界で大きなプラスチック・フリーのムーブメントを作り出します。


海と地球、そして私たち自身の未来のために一歩踏み出してみませんか?


今後、ファッション業界にフォーカスしたプラスチック事情についても情報発信をしていきます。本記事で興味がでたらケンゴウエストのインスタグラムフォローで新着情報をゲットしてください。